久しぶりの更新です。
厳しい寒さとコロナ渦が続いております。

ネットショップ【トゥラシーの杜】へ、細胞水のスプレータイプをアップしました。

 スプレータイプの30ミリリットルは3,300円。
スプレー30

 スプレータイプの50ミリリットルは5,500円です。
スプレー50
こうやって見ると大きさの違いがわからないかもしれませんが、
スプレータイプ02

2つ並べるとこれだけ違います。

今までのスポイドタイプも便利だったのですが、もともと私はスプレータイプの瓶でチンキを作って、トゥラシーを活用して来たので、より汎用性が広がると思って作ってみました。

実は私は乾燥性のアトピーで、冬になると決まってアトピーが出るので、アトピーが出たところには、スプレーの方が使いやすいのです。

(自分が使いたいので作った。とも言えます。(^_^;))

また、私は毎日、外出した後、このトゥラシー細胞水をお水に入れてうがいをしています。

価格もがんばってお求めやすい価格にしました。
しかも送料無料!です。(^_^)v

スプレータイプにもトゥラシーティーにできる乾燥性も付いています。


↓クリックして応援お願いします。m(__)m
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

クリシュナトゥラシー100%の細胞水、発売中!
 2020Tulasi_logo_s
100人のモニター、絶賛、募集中!
これからはモニター用の12本セットにもスプレータイプが入る可能性大!です。
(入っていたらラッキー♪ 大当たり!\(^o^)/)


 

7月も末だというのになかなか梅雨があけません。。

湿度が高くなると私は肌のあちこちに痒い水疱ができてしまいます。(T.T)

↓こんな感じです。
0725-06
これに細胞水をつけていたのですが、液体だとどうしても肌が弾いてしまい、流れてしまったりします。

それで思いついたのがコレ!
0725-01
昔から使われてるオロナインH軟膏! これにトゥラシーの細胞水をブレンドしてみました。

量的には、オロナインがクリーム状にトロリとするくらい。
10〜15ミリリットル以上入れたと思います。
(余ってるボトルのものを使ったので、ザックリとした量ですみません。。)

結構、ボトルギリギリまでオロナインが入っているので、化粧品の空になったボトルに分けて作りました。
 0725-02

これもまた取り出しにくいので、100均で小さな小分け用のボトルを買ってきて、さらに小分けに。

 0725-03

それで実際使うのはこのくらいです。

0725-04

オロナインはとても伸びるので、こんな少ない量で十分!

オロナインそのものも皮膚の疾患に効果がある軟膏ですから、トゥラシーの細胞水とブレンドすることでさらにパワーアップを期待!

水疱以外にも色々使えそうです。(*^_^*)


梅雨空の中でも我が家のクリシュナトゥラシーは花盛りです。
0725-07

せっかくなので、トゥラシーの花を摘んでお茶にしました。

0725-08

生のトゥラシーのお茶は綺麗なグリーンでキリッとした美味しさです。
乾燥葉のお茶とは全く違います。
私はこの生のトゥラシーのお花のお茶が一番美味しいと思います。(*^_^*)


↓クリックして応援お願いします。m(__)m
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

クリシュナトゥラシー100%の細胞水、発売中!
 2020Tulasi_logo_s
100人のモニター、絶賛、募集中!

自粛解除になった途端、コロナの感染爆発が起きてる東京ですので、マスクは当分必須アイテムです。

でも、1日中マスクをしていると、暑いし、蒸れて口の周りが痒くなったりしてしまいます。(>_<)

先月、胃腸風邪で寝込んでいた時は、唇に大きな水疱ができてしまっていました。(;_;)
(それもマスクで隠すことが出来ましたが…)

それで、マスクの内側にトゥラシーの細胞水を1滴、つけてみました。
 0714-1

これを優しく伸ばしてしみ込ませます。
0714-2
(わかるかなぁ(^^ゞ )

以前、精油をつけてみた時は、鼻に近すぎて匂いにやられてしまったのですが、細胞水はほとんどが植物の水分で精油の部分が少ないため、香りが薄いので、ほとんど無臭です。

ちょっと濡れているかなぁ、という感じはするのですが、トゥラシーの細胞水なら、皮膚の疾患にもよく効くので、予防もしてくれるのではないか、と思います。


また、女性ならわかると思いますが、マスクをしてるとファンデーションや口紅がマスクの内側についてしまいます。

替えを持ってる時はいいのですが、そのまま汚れたマスクをつけるのは、雑菌も気になるし嫌なもの。

エタノールなどの消毒液をマスクの内側につけるのもちょっとな〜、と思うので、その点も細胞水なら安心です。


これからの季節は、消毒薬ほどの殺菌力があるかどうかは不明ですが、かぶれ予防くらいにはなりそうなので、マスクの内側につけるために、トゥラシーの細胞水を活用してみようと思います。

使ってみて、また結果は、このブログで報告したいと思います。


梅雨の雨に打たれて、我が家のトゥラシーはすくすく成長中!
0714-3



↓クリックして応援お願いします。m(__)m
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

クリシュナトゥラシー100%の細胞水、発売中!
 2020Tulasi_logo_s
100人のモニター、絶賛、募集中!

今年も我が家のトゥラシーは元気に育っています。

今年のトゥラシーは、昨年育てていたトゥラシーを挿し芽で越冬させて植え替えしたものです。 

陽の光(紫外線)に当たらないとクリシュナトゥラシーは紫色になりません。

室内で育てているとラーマトゥラシート同じ、グリーンの葉しか出てこなくなります。

植え替えして外に出してあげると徐々にクリシュナトゥラシーらしい、紫色になっていきます。

我が家で育てていたのは全て、間違いなくクリシュナトゥラシーだったのですが、この1本はいつまでたっても紫色になってきません。
0622-01
茎は紫色ですが、葉はグリーン、もしくはうっすらと紫がかっているかな〜? という感じです。

私はインドの抱きしめる聖者アンマのところでトゥラシーに出会いました。

アンマのところでトゥラシーを育てている人から

「クリシュナとラーマはもともと同じ品種だったようで、クリシュナの種からラーマが出たり、ラーマの種からクリシュナが出たりする。」

ということを聞きました。

トゥラシーの種も「クリシュナトゥラシー」「ラーマトゥラシー(白)」「ラーマトゥラシー(紫)」と3種類、分けて販売していました。

実際、私もそのような体験はしましたので、これはクリシュナトゥラシーがラーマトゥラシーに変わったものだと思われます。

トゥラシーはケモタイプ(化学種)なので、引っ越して、土が変わったことも要因かもしれません。


何はともあれ、今年のトゥラシーも大切に育てて行きます。(*^_^*)


0622-02
こちらは普通に紫色に育っているクリシュナトゥラシー。


↓クリックして応援お願いします。m(__)m
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

クリシュナトゥラシー100%の細胞水、発売中!
 2020Tulasi_logo_s
100人のモニター、絶賛、募集中!

先々週の話ですが、突然、早朝に激しい腹痛で目が覚め、トイレに直行。

治ったかとお布団に戻るとまたもや腹痛がしてトイレに逃げ込むと、今度は身体の中がか〜っと熱くなってきて、しばらくトイレから出れなくなってしまいました。

これはおかしい、と思い熱を測ってみると38度。

腹痛を起こして発熱というのははじめてだし、時々、キュ〜っとお腹が絞られるような痛みが来て、トゥラシーの細胞水を飲んでも治らず、クリニックを受診することに。
(コロナの影響で街の普通の小さなクリニックはガラガラですぐに診ていただけました。(^^ゞ )

診断の結果は『胃腸風邪』。治るのに10日〜2週間、とのこと。


なんでも薬がほとんど効かないので、身体をゆっくり休めて回復を待つしかないということで、とりあえず朝から何も食べてなかったので、点滴をしてもらい、それでも2週間分のお薬をしっかりもらって来ました。

帰る途中も時々、お腹に痛みが来るので、休み休み歩いて、脱水症状にならないようポカリスエットと、なんとか食べれそうなバナナとプリンを買って来て、食べて、お薬を飲んでひたすら寝ていました。

そしたら、なんと翌朝には熱が平熱まで下がっていました。

腹痛はまだあったのですが、徐々に良くなって行く感じはわかり、下痢は最初の朝だけで、それどころか便秘がちになって来たので、クリニックで処方された薬はやめて、トゥラシーの細胞水をポカリスエットに垂らして飲むことにしました。

食事も少しずつ食べれるようになり、わずか3〜4日で食欲も戻り平常食に。

10日もかからなかったので、胃腸風邪ではなかったのではないのかなぁ???


実はこの間、目がアレルギー性結膜炎になり、耳も外耳炎になって耳の中が痒くなって耳垂れがひどかったのですが、それらも全てトゥラシーの細胞水で治しました。

以前、アレルギー性結膜炎になった時は、トゥラシーの細胞水をいくら付けてもなかなか良くならず、眼科を受診し、目薬で治したのですが、今回はトゥラシーの細胞水だけで良くなりました。 

でも今回はお腹が痛くて、眼科まで受診する気力がなく、仕方ないのでトゥラシーの細胞水を使うしかなかったのですが、今回は効きました。

外耳炎はよくなるのですが、綿棒に細胞水を含ませて耳の中を何度か拭いてやると良くなります。

今回は、お腹の調子が良くなるのに合わせて、目も耳も良くなっていたので、疲れが溜まっていたせいではないか? としか思えません。

だって、ただ、ひたすら寝て、時々、トゥラシーの細胞水を飲んだり、付けたりしただけで良くなったのですから。


やっぱり、体調が悪い時は、ゆっくり身体を休ませるのが1番!

トゥラシーにだけ頼らないで、ゆっくり休むこと。自分の身体を大切にすることが一番大事!

と、すご〜〜〜く思いました。

IMG_0057

 今年もクリシュナトゥラシーは次々と花を咲かせています。(*^_^*)

 2020Tulasi_logo_s


↓クリックして応援お願いします。m(__)m
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ