先週の月曜(4/30)に蒔いたマイクロバジルの芽がこれだけ出ました!
 0506マイクロバジル
まぁ、バジル系の芽がみんな似たようなもので、双葉の段階では何が何やら見分けがつかないのですが・・。

こんな感じに育ちます。(^^)
2015マイクロバジル
これは2015年にはじめて植えた時のものです。

マイクロバジルという名にふさわしく、小さな葉っぱに白いかわいい花が咲きます。

シャープな香りも素敵です。♪


昨年はマイクロバジルのつもりで蒔いたのが、違ってたので、今年は本物でありますように。。


 
↓クリックして応援お願いします。
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

我が家のクリシュナトゥラシー、今年の冬も無事、越冬してくれました。
tulasi0419
ついに5年越し!になります。

冬の間も花を咲かせてくれていて・・・
tulasi冬の花

今も蕾を付けてくれてます。
0419つぼみ


クリシュナトゥラシーだけでなく、ヴァナトゥラシーも越冬に成功しました。
ヴァナ0419
もうこんなに大きくなってるので、今年は花も早く咲いてくれそうです。


そしてアシュワガンダも越冬に成功!
アシュワガンダ0419
ハダニが付いてしまったので、多くの枝を摘芯してしまいましたが、アシュワガンダも摘芯した方が脇芽が伸びて枝が増えるので、今年は沢山育ちそうです。
(すでに1月に摘芯した枝を友人にわけてあげています。)

我が家ではアシュワガンダが1番、寒さに強かったです。

今週末、東京は真夏日になるそうですが、寒の戻りがありそうなので、もう少し気温が安定してから外に出してあげるつもりです。


 
↓クリックして応援お願いします。
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

先日、アシュワガンダの花が咲いるのを見つけました!

0916-アシュワガンダ花01

とても小さな花です。
実をつけてくれるといいなぁ〜

0916-アシュワガンダ


一時、ハダニにやられて大変だったのですが、下の方に元気な葉が出て来ています。

0916-アシュワガンダ02


 
今日は、台風が来ているので、越冬して4年目のトゥラシーとアシュワガンダは部屋の中に避難させました。
0916-越冬



こちらは先日送っていただいた、東金のトゥラシーの様子です。
0916-東金

立派に育っていて、来月には収穫です。

どうか、この台風が無事、通り過ぎてくれますように。



↓クリックして応援お願いします。
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

ちょっと遅くなってしまいましたが、先週末(8/5〜8/6)に東金に行って来ましたので、トゥラシーの育ち具合のご報告です。

まずはこちらのハウスの花のトゥラシーはすでに花が満開!!!

0805-01


「トゥラシーは上手に育てると1メートル位まで育ち、日本では霜が降りると枯れるけど、インドでは多年草なので、2〜3メートルにもなるそうですよ。」

という話をしたら、以前、マンゴーを育てていた時、ハウスを突き破ってしまったそうで、

「あ〜!!!またハウスを破っちゃうかも・・・」

とおっしゃっていました。。。(^^ゞ


そしてこちらが私がお借りしてる畑のトゥラシー。
0805-02

先月末、定植したばかりの左側のマルチのはまだ小さいですが、右側の2列のマルチのはそこそこ育っていました。

0805-03

最近ようやく雨が降ってくれたおかげで節と節の間も広くなり、育って来たようです。
 

このトゥラシーの畑のお隣では巨大なピーマンが育っていて、おみやげにいただいて来ました。(^^)
0805-ピーマン

↑の画像ではちょっとわかりにくいかもしれませんが・・・

0805-ピーマン2

↑のL玉卵に比べれば違いがわかっていただけると思います。(^^)




↓クリックして応援お願いします。m(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

我が家の越冬して4年めのクリシュナトゥラシーは、どんどん花を咲かせているのですが、花穂を摘まないでいたら、もうタネが入っていました!
170730-02

 ↑↓写真がピンぼけなので、わかりにくいかと思いますが、茶色の莢の中に、黒いタネがしっかり入っていました。
170730-01


トゥラシーは30度以上の高温が続かないとタネが入らないのですが、今年の7月は猛暑が続いたおかげだと思います。

タネが入ってるのを確認できた枝を切り取って、完全に乾燥させるため、部屋の中で陰干し
170730-03

以前、乾燥が不十分でカビが生えたことがあるので、しっかり乾燥させましょう!

また乾燥させすぎるとタネがポロポロこぼれてしまうので、タイミングを掴むのがコツです。


カラカラに乾燥したものを密封できる保存バックに入れ、冷暗所へ保管します。
 170730-04

保管は冷蔵庫がベストのようですが、我が家の冷蔵庫は小さくて狭いので、扉のついた書棚の中に保管してます。

このトゥラシーは、もう越冬して4年目なので、かなり日本の冬の寒さにも慣れたはずですし、紛れもないインド原種のクリシュナトゥラシーなので、出来るだけ多くのタネを残したいと思います。


 
 ↓クリックして応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ