タグ:クリシュナ

限定100名で、クリシュナトゥラシーの細胞水(セルエキス)のモニターを募集します。

Tulasi_New12s


【モニターの条件】

1)1年間クリュシュナトゥラシーの細胞水(セルエキス)を使ってみてくださる方
2)定期的に報告をしてくださる方(1〜3カ月に1度で可)
3)ご家族やお友達と一緒に使ってくださっても可
4)モニターの期間中、足りなくなった場合、同価格で再提供可

注:現在B品のみ(旧ラベルのもののみになります。)
 
「クリシュナトゥラシーに興味のある方」
「セルエキストラクトに興味のある方」
「健康管理・健康促進に積極的な方」
「新しいものを積極的に取り入れてみたい!と好奇心旺盛な方」等

以上の条件を同意してくださる方に、クリシュナトゥラシーの細胞水(セルエキス)12本(1年分)を送料無料、12,000円でご提供致します。 


と、条件はゆる〜〜〜いです。

このモニター募集をはじめようと思った理由は、

「クリシュナトゥラシー」も「細胞水(セルエキス)」もまだまだ知られていない
ので、まずは使っていただくことが必要! 
それも一定期間定期的に使っていただくことが大事! 

と思ったことです。

そのために

100人の人が集まっていただけたら、きっとクリシュナトゥラシーも細胞水(セルエキス)も広まるだろう!


または広めるための第一歩を踏み出すことができる。 と思ったのです。

クリシュナトゥラシーはインドでは神様の化身と言われている素晴らしいハーブだし、細胞水(セルエキス)は日本で産まれた素晴らしい技術なので、これが成功したらきっと多くの人に役になってもらえる。と思うのです。

ぜひ、このブログをご覧になってる方は、クリシュナトゥラシーにご興味がある方だと思いますので、クリシュナトゥラシーの効果、効能を十二分に発揮できる細胞水(セルエキス)を使ってみていただきたいのです。 それも一定期間。

ぜひ、ふるってるご参加ください。m(__)m

2020Tulasi_logo_s

↓クリックして応援お願いします。m(__)m
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

5年越しのクリシュナトゥラシーの挿し芽で、根が十分伸びたものから、ポットに植え替えしています。
080621-01
うまく根付いてくれていればいいのだけど・・・

こちらは種から発芽させたクリシュナトゥラシーの苗。
080621-02

挿し芽の方が断然、成長が早いのがわかります。

コップの中にはまだまだ予備軍が控えています。
080621-03

今年のトゥラシーを植えるところは決めたのですが、
先にポットに植え方した分も全部、畑に持っていけるかどうか・・・
 
無事、運ぶことが出来ますように。。


こちらは越冬に成功したヴァナトゥラシーです。
180621ヴァナ
 いつのまにか花が咲いてました。

やっぱり越冬させると花が咲くのも早い!


↓クリックして応援お願いします。
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

最近、だいぶ暖かくなったおけげか、越冬して5年越しのクリシュナトゥラシーはもう沢山の花を咲かせています。

20180526_01

せっかくなので、今年はじめての生トゥラシーティーにすることにしました。

トゥラシーを摘んでるだけで、とても何とも言えない、いい香りがします。

けっして甘い香りとも強い香りとは言えませんが、私はこの香りが大好きです。

20180526-02

お湯をそそぐと紫色のクリシュナトゥラシーの色が抜け、グリーンになります。

20180526-03

お茶もグリーンティーのような色ですが、スッキリした味わいです。


また、今日は先に蒔いたマイクロバジルの芽の本葉が育って来たので、ポットに植え替えしました。

20180526_ポット苗

1本だけ、成長の早いクリシュナトゥラシーの苗もあるのですが、この大きさだと見分けがつきません。(^^ゞ

マイクロバジルはその名の通り、葉っぱは大きくなりません。

クリシュナトゥラシーは葉っぱがギザギザになって、日に当たると紫色に変わって行きます。


白いバラに続いて、赤いバラの花も咲き出しました。
(白いバラはトップのクリシュナトゥラシーの画像の左下に花が3つ写ってます。(^^))
201805赤いバラ
 
5月の風にのって、お花の綺麗な時季ですね。

 
↓クリックして応援お願いします。
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

今週は冷たい雨が降って最高気温が15℃、最低気温が10℃にもならない日もありました。

インド生まれのトゥラシーは「15℃以下だと枯れてしまう」と言われます。 

でも、我が家の越冬して5年のクリシュナトゥラシー、この急な寒さに耐え抜きました! 
 トゥラシー0512-01

しかも花を咲かせています!
トゥラシー0512-02

4月中は気温が高かったのに、5月まで外に出さなかったので「失敗したかな…」と心配していたのですが、内心「冬の間はもっと寒い日もあったので大丈夫だろう」とは思っていました。

さすがに5回も日本の冬を越したクリシュナトゥラシーは寒さに強い!です。

このトゥラシーの種から発芽した苗。
2018トゥラシーの芽

こちらもなかなか発芽しないので、心配していたのですが、無事、発芽。

これらのトゥラシーは、今年どこに行くことになるのでしょうか。。。?

それもまたトゥラシー次第。

トゥラシーが行きたいところに行くことになるのでしょう。。



白バラ2018-0512
私が「オスカル様」と呼んでる白バラもこの寒さに耐えて蕾が開きはじめました。


 
↓クリックして応援お願いします。
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

我が家の越冬して4年めのクリシュナトゥラシーは、どんどん花を咲かせているのですが、花穂を摘まないでいたら、もうタネが入っていました!
170730-02

 ↑↓写真がピンぼけなので、わかりにくいかと思いますが、茶色の莢の中に、黒いタネがしっかり入っていました。
170730-01


トゥラシーは30度以上の高温が続かないとタネが入らないのですが、今年の7月は猛暑が続いたおかげだと思います。

タネが入ってるのを確認できた枝を切り取って、完全に乾燥させるため、部屋の中で陰干し
170730-03

以前、乾燥が不十分でカビが生えたことがあるので、しっかり乾燥させましょう!

また乾燥させすぎるとタネがポロポロこぼれてしまうので、タイミングを掴むのがコツです。


カラカラに乾燥したものを密封できる保存バックに入れ、冷暗所へ保管します。
 170730-04

保管は冷蔵庫がベストのようですが、我が家の冷蔵庫は小さくて狭いので、扉のついた書棚の中に保管してます。

このトゥラシーは、もう越冬して4年目なので、かなり日本の冬の寒さにも慣れたはずですし、紛れもないインド原種のクリシュナトゥラシーなので、出来るだけ多くのタネを残したいと思います。


 
 ↓クリックして応援お願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ