タグ:セルエキストラクト

東金にご縁が出来たおかげで、セルエキストラクトの販売協力店も東金のお店が販売協力店第1号です。


JR東金の駅、もしくはバス停、上宿からすぐの『ルバーブ』というお店です。

セルエキストラクトは、こんな風に店頭にて販売してくださっております。

ルバーブ-セルエキストラクト

(現在はテスターをお持ち致しましたので、実際、お試しいただけます。)


お店の中は、オーガニックやフェアトレードでこだわった商品ばかりです。

ルバーブ03

ルバーブ02

ルバーブ01


中でお食事も出来るようになっていて、それもこだわり素材の手作りの品ばかりとか・・・

ルバーブ04


残念ながら、私が伺った時は定休日でしたので、いつかそのこだわりのお食事をいただきたいものです。
(それもぜひセルエキストラクトを活用したもので!(^^ゞ)


ルバーブ-外観

お店の入り口はいろんなお花でいっぱい!

今年の夏にはぜひトゥラシーの花も飾っていただきたい!

『ルバーブ』
〒283-0802 千葉県東金市東金1407-4
TEL:0475-53-2323
営業時間/11:00〜19:00(火曜日・土曜日定休)




↓こちらもクリックして応援お願いします。m(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

トゥラシーのセルエキストラクトをどうやって使ったらいいのか?
もちろん自分でも使いながら、いろんな方に試していただきました。

まずはチンキと同様、お茶に垂らして使ったり、お水に垂らして使ったり、かなりお手軽です。

でもアロマディフューザーに使うには香りが薄いので、もったいなく感じました。
精油なら数滴で済むのに、30〜50%セルエキストラクトを入れないと香らないので。

ただ水溶性なので、精油のような目詰まりを起こしにくい、と感じました。

また水溶性である利点として、クリームやジェルに馴染みやすい!です。

チンキはよく混ぜないとダメなのですが、セルエキストラクトはただ入れておくだけで勝手に馴染んでしまいます。
(透明なので入れたのかどうかもわかりにくい。(^^ゞ)



それで1番すごいと思ったことは、

原液のまま使っても肌にしみない!

チンキはアルコールで抽出しているので、傷口などにはすごくしみるのですが、セルエキストラクトはしみない! のです。

私がころんだ時、試しに傷口にセルエキストラクトを垂らしてみたら、しみないのでビックリ! しました。

そして傷の治りがけにはカサブタが痒くなるものですが、それもなくきれいに治りました。


ピアスに被れるという方が、耳たぶが腫れて真っ赤になってしまったところにセルエキストラクトをつけたら、あっと言う間に腫れがひいて、痛みもなくなったとのことです。


また水に垂らして目を洗ったら、目ヤニが出なくなりました。
和名『神目箒』ですからね。(^_^)v)



でも1番ビックリしたのは、スズメバチに刺された時、セルエキストラクトをつけたら効いた!

という報告です。


普通、ススメバチに刺されると3日間は腫れがひかず、腫れがひくと痒くなるものだそうですが、スズメバチに刺された後、すぐにトゥラシーのセルエキストラクトをつけたら、わずか3時間で腫れがひいて、半日ですっかり良くなった!
その後、痒みも出なかった。
とのことです。

ただこれは黄色のスズメバチだったから、オオスズメバチならどうかはわからない。とは言ってました。

net2017
出展:CAA2C9F4vespa-vespula.up.seesaa.net


このことを聞いた後、トゥラシーの使い方を調べてみたら、スズメバチの他にサソリや蛇、ハブの毒消しにも使われているようです。

治るまでに何回も傷口にトゥラシーの葉の汁を塗り込み、汁を飲む

と書いてありました。

でも自己責任ですり傷や火傷とかに試すのはいいけど、こんな猛毒にやられたら、トゥラシーで対応した後でもお医者さんに行くことをおススメします。

上記の方は運が良かっただけかもしれませんから…。


あと、二日酔いの朝、お水に垂らして飲むと治った。とか、お酒を飲み過ぎの後にセルエキストラクトを飲んでおくか、お酒を飲む前にセルエキストラクト飲んでおくと二日酔いしない、とか・・・(^^ゞ



にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

トゥラシーの成分分析は『低温真空抽出法』という技術を使い、抽出できた『セルエキストラクトで行いました。

『低温真空抽出法』 とは、40℃前後の低温、真空で抽出することにより、熱に弱い精油以外の成分も自然に近い形で取り出すことが可能という、日本独自の技術です。

低温、真空で抽出することにより、100%原料由来の芳香成分を抽出することが可能になります。


私はSHIODAライフサイエンスさんから教えていただき、

トゥラシーの良さを有効に抽出するには、これしかない!  と思いました。
 
低温真空抽出_01

↑これがその低温真空抽出機です。

これは吉見メディカルハーブさんのものです。


実際の抽出は、この低温真空抽出機を開発なさった株式会社F・E・Cさんでやっていただきました。

低温真空抽出機


吉見メディカルハーブさんのものは40kgまでのものですが、株式会社F・E・Cさんには、150kgまで対応できるものがあるそうです。


私がお願いしたトゥラシーの量は、5.15kg
出来上がった乾燥葉は0.7kg
セルエキストラクトは4.45リットル

乾燥時間はわずか3時間

とても効率がいい!です。


トゥラシ―原料

↑これが投入時のトゥラシー。

乾燥葉

↑これが乾燥葉。

機会に投入されると中で砕かれて小さくなります。

トゥラシーセルエキストラクト

↑セルエキストラクト

右の透明なボトルの中の見ていただくと、上の方に膜のように見えるのが精油の成分。
その下のがトゥラシーのエキス。

時間がたつと馴染んでいきます。
ただの水ではなく紛れもなく『細胞水=セルエキストラクト』です。

そしてこれはトゥラシーの持つ成分そのものでもあります。

このセルエキストラクトは水溶性なので、肌に馴染みやすく、飲用も出来ます。

この性質を活かし、化粧品やクリーム、お菓子などの食品に加工されている、ということです。


いろんな方に使っていただき、まずはセルエキストラクトのテスト販売をすることにしました。

(このセルエキストラクトの成分分析の結果はこちら



にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ