トゥラシーは他のハーブと同様、お茶で楽しむことができますが、残った茎や根も使い、チンキを作るのがおススメです。

作り方は簡単です。

こんな風に花、葉、枝そして根も全て乾燥させます。
 トゥラシー乾燥

種を採った後に残った莢も活用できます。

これらを煮沸消毒した広口瓶に入れます


↓そしてこんな風にアルコール度数35度以上の蒸留酒(ウォッカ、焼酎、ホワイトリカーなど)を入れます。(注:アルコールを入れて瓶の7割程度になるようにします。)
トゥラシーチンキ2015_2

(この年(2015年)は試しに根も入れて、花が入ったものと花を入れなかったものでテストしました。
 結果はどちらでも違いを感じられませんでした。)


アルコールを入れたら毎日、瓶を振って混ぜ合わせます。

葉がふやけて、アルコールの上から飛び出るようになったら、アルコールを足してください。
葉や枝が空気に触れてカビが生えないようにするためです。

トゥラシーチンキ2016


2週間を過ぎる頃から使えるようですが、1ヵ月以上待った方が色が濃くなります。
(濃度も濃くなるような気がします。)

私はこんな風にスプレーのボトルに移し替えて使っています。
トゥラシーチンキ_スプレー


<チンキの使い方>
・薄めてシャンプーやリンスの混ぜて使う(容量の5%位)
→髪がしっとりツヤツヤになり、フケが減った。

・お気に入りの化粧品やクリームに混ぜて使う(容量の5%位)
→お肌の調子が良くなったような気がします。

・衣類の柔軟剤代わりに(お湯の量の5%未満 濃いとベタつくので少なくてよい
→衣類がふわっと仕上がり、更に虫除け効果があるような気がします。

・虫刺されや火傷、湿疹などのスプレー
→かゆみや痛みがおさまり、早く、きれいに治る。

※アトピーのお子さんをお持ちの方に差し上げたら、お子さんが毎晩、寝る前にトゥラシーチンキの瓶を抱えて持ってくるようになった。と言われました。
(お子さんには精製水で薄めて使っていただけるようお願いしました。)

他にも下記のような報告をいただきました。

※おでこに出来てた大きなホクロが気になるので、毎晩チンキを含ませたコットンを貼って寝たら、1ヶ月後にホクロがポロッととれた。

※チンキをたっぷり含ませたコットンを魚の目に貼って寝たら、魚の目が芯からとれた。
(1〜3日と人によって幅がありました。)

・お水に数滴垂らしてうがい
→インフルエンザの予防。
 口内炎が治った!

・チンキに使ったトゥラシーを不織布などに包んでお風呂に
→お湯がなめらかになり、お肌がしっとり。
 このお湯を頭からかぶると髪がしっとり。
(下水の流したら、悪臭が消えた!との報告もいただきました。) 

他にも沢山使い方がありますので、ぜひお試しください!

※尚、チンキの出来不出来、効果効能については個人差があります。
この記事は効果効能を保証するものではありませんので、ご了承願います。


アンマ来日会場でお配りする『トゥラシーの育て方』にもチンキの作り方と活用法を記載しております。
ぜひ、会場でもらってください。 


  にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村