先日、東金で美味しい枇杷を沢山いただいて来ました!

枇杷

小ぶりだけと甘くてとっても美味しかった!
(正直、こんなに沢山枇杷を食べたのははじめてでした。(^^ゞ)

それで、枇杷の種にはすごい薬効がある!と聞いていたので、枇杷酒を作ることにしました。 

まずは枇杷の種を洗って水気を切るため乾燥させます。

枇杷の種

測ったら、67g位でした。

なんでも枇杷の種に含まれるアミグダリンには、ガンの抑制効果があるとか。

でもそのアミグダリンには副作用もある、ということなので、「副作用を緩和し、そのものの効能をアップさせる」と言われるトゥラシーも一緒に漬けることにしました。


こちらは我が家の越冬して4年目のクリシュナ様。

クリシュナトゥラシー0628-01

先日、花が咲いてる枝はお茶にして飲んでしまったばかりなので、蕾と新芽の部分を摘んで来ました。

クリシュナトゥラシー0628-02

こちらもザッと洗ってキッチンペーパーで拭き取り、水気がなくなるまで乾かしました。

空き瓶を煮沸消毒。
枇杷酒

枇杷の種の4分の1強の氷砂糖(約18g)とトゥラシーが浸る位の量の35度のホワイトリカー(約120cc)を入れ、よく振りました。

以前、トゥラシーチンキを作った時、氷砂糖を入れたのも試しに作ったのですが、全然美味しくありませんでした。

枇杷の種のお酒は杏仁豆腐のような味がするらしいので、今回は楽しみです。

ただ完成するのに半年かかるらしいので、気長に待つことにします。



 ↓クリックして応援もお願いします。m(_ _)m
 にほんブログ村 健康ブログ メディカルハーブへ
にほんブログ村